沿革

1980年の創業時より、
スタジオアルタの進化の歴史をご紹介。

沿革

1980年(昭和55年)3月 会社設立。
(三越60%、フジテレビジョン30%、ニッポン放送10%出資〈創業当時〉)
1980年(昭和55年)4月 新宿二幸跡地にスタジオアルタ館がオープン、壁面に日本初の大型ビジョン「アルタビジョン(名称当時:ビデオサイン)」を設置。

テレビ収録の出来る多目的ホール・アルタスタジオが営業開始。(〜2016年3月)

初の自主制作番組 テレビ東京「生活新発見」がスタート。(〜1981年2月)

アルタスタジオにて、初の生放送番組 フジテレビ「日本全国昼休み」がスタート。(〜1980年9月)
1980年(昭和55年)10月 アルタスタジオにて、生放送番組 フジテレビ「笑ってる場合ですよ!」がスタート。(〜1982年9月)
1982年(昭和57年)10月 アルタスタジオにて、生放送番組 フジテレビ「笑っていいとも!」がスタート。(〜2014年3月)
1992年(平成4年)4月 「アルタビジョン」をリニューアル(2代目)、カラー放映を開始。
1995年(平成7年)1月 制作番組 日本テレビ「スーパーテレビ『突然!夫が会社を辞めた』」がギャラクシー賞月間賞を受賞。
1995年(平成7年)5月 アルタビジョンで野茂英雄投手のメジャー初登板映像を同時中継。約2,000人の観衆が集まった。
1997年(平成9年)12月 年越しカウントダウンイベントをアルタ前で開催。(〜2001年1月/隔年)
1998年(平成10年) 制作番組 フジテレビ「ザ・ノンフィクション『段ボール拾い逆風人生』」が、国際エミー賞候補にフジテレビからノミネートされる。
1999年(平成11年)12月 新宿東口駅前にて、イベント「ミレニアムカウントダウン IN ALTA」を実施。
2001年(平成13年)3月 「アルタビジョン」をリニューアル(3代目)、大型ビジョンとして世界初のハイビジョン放映を開始。
2002年(平成14年)12月 フジテレビ「笑っていいとも!」の5,000回放送が生放送単独司会世界記録としてギネスブックに認定される。

三越銀座店の壁面に「アルタビジョン銀座」を設置、運用開始。(〜2009年12月)
2004年(平成16年)5月 制作番組 フジテレビ「ザ・ノンフィクション『東京行商女人生哀歌』」がギャラクシー選奨を受賞。
2005年(平成17年)7月 アルタビジョンで史上初となるスペースシャトル「ディスカバリー」打ち上げの街頭生中継を行う。
2012年(平成24年)8月 伊勢丹立川店の壁面に「伊勢丹立川ビジョン」を設置、運営開始。
2014年(平成26年)3月 「アルタビジョン」をリニューアル(4代目)、大型ビジョンとして日本初のフルハイビジョン放映を開始。
2016年(平成28年)10月 日本橋に事務所を移転。
2017年(平成29年)4月 三越劇場(日本橋三越本店内)の運営受託をスタート。
2017年(平成29年)7月 有楽町に劇場・オルタナティブシアターをオープン。

オリジナル公演「アラタ〜ALATA〜」スタート。(〜2017年12月)
2018年(平成30年)1月 オルタナティブシアターが貸劇場としてリニューアルオープン。

エピソード

  • Q

    スタジオアルタの名前の由来は?

    A.

    「ALTA」の社名。それは「既存のものにとらわれない」という意味の英語、「ALTERNATIVE」から生まれました。事実、1980年の創業時、ファッションビルと放送スタジオ、さらに大型ビジョンまでもが融合したスポットは世界的にも類がなく、アルタ館の誕生は世の中にとても大きなインパクトを与えたとのこと。また2001年には、まだハイビジョン映像が珍しかった時代背景の中、世界に先駆ける形でアルタビジョンをハイビジョン化!その圧倒的な美しさで、新宿を行き交う人々の視線を釘付けにしました。
    これからもずっと「ALTERNATIVE」の理念のもと、新しい価値を発信していきますので、皆様どうぞ私たちスタジオアルタから目を離さないでくださいね!

  • Q

    アルタのロゴ、4つの色に込められた意味は…!?

    A.

    「赤」「黄」「紫」「緑」を使った、カラフルなアルタのロゴ。この4色にはどのような意味が秘められているのか、当ホームページでご紹介したい!そんな思いからサイト担当者が調査を始めましたが…結論から言うと答えはなんと「不明」でした!ロゴ開発の意図がわかる記録が、社内のどこにも存在しなかったのです。唯一手がかりを持っていたはずの人物もすでにアルタを引退しており、今は完全に迷宮入りの状態。調査の中では「光の三原色が理由である」との説も出ましたが、それならばなぜ4色?なぜ紫?この謎、今後も追及して参りますので、こちらを読まれてもし心当たりの方がいらっしゃいましたら、ぜひ担当者までお知らせください!

    2012/04ロゴマークの謎、解明しました!

    ホームページ担当者の呼び掛けにより、社内で初めて本格的な調査が行われた「ロゴマークの由来」問題。ついにその結果がまとまりましたので、ここに発表いたします! 結論から言うと、やはりSTUDIO ALTAのロゴカラーはすべて「三原色」に由来しているとのこと。ALTA部分の赤と緑は「光の三原色」から、黄と紫(マゼンタ)は「色の三原色」から選ばれ、しかもその配列は内側の2文字と外側の2文字がそれぞれ補色の関係にあり、全体のバランスを絶妙に保ってくれています。一方STUDIO部分に使われている青は「光の三原色」「色の三原色」のいずれにも含まれる、共通の色。STUDIOとALTAの切っても切れない連続性・関係性を意味するとともに、スタジオアルタの掲げる「情報とファションの融合」も表現されているそうです。なんとも深い! ロゴデザインは当時三越の宣伝広告部におられた市川定夫さん。ロゴカラーの決定は、フジテレビで舞台美術プロデューサーをされていた松下朗さん(故人)。お二人の素晴らしい仕事に感謝しつつ、スタジオアルタのアイデンティティであり財産でもあるこのロゴマークを、これからもずっと大切にしたいと心に誓う担当者なのでした。